ゲーム機を売るならどこが高い?

ゲームを売る高価買取ランキング

基本的にどんなゲームでも売ることは可能ですが、本体が販売終了した古い機種のゲームはまとめ買い価格で査定されます。
1本あたり10円から100円程度にしかならないので、売るのをためらうこともあります。
まとめ買い価格よりも、1本1本きちんと値段をつけてくれよと思います。

例えば、PSソフトやPS2ソフトの買取査定額は1本10円程度なのに、PS3ソフトは100円程度、PS4ソフトは本当の価格の5割程度で買い取ってくれます。
初代DSソフトなどは、タダ同然価格です。

PSPが主流だった時は、6000円位のソフトだと2000円から3000円くらいで買い取ってくれたのに、PSVitaが主流になってからPSPソフトを売った時は、10円から50円程度にしかならなかったです。
査定における待ち時間は普通ですが、査定価格の説明がぞんざいな感じがします。

説明書や箱なし商品でも買い取ってくれたのはいいですが、販売終了したゲーム機のソフトほど、タダでお店に提供したような価格をつけられており、それを数百円からら数千円で店頭で売られているのを見た時は、売るより持っておいたほうがマシだと感じたことがあります。

店頭によっては、こちらが査定前に入れて渡した紙袋を言わなければ返してくれなかったので、一言いるかいらないかを客に聞くか聞かないかで、店のイメージが変わると感じます。

参考:ゲームを売るなら.com|ゲーム買取価格の比較でおすすめ店はどこ?

ゲームを売るなら買取キャンペーン

回転の早いゲームの世界は、旬を逃さずに売るのが一番です。
シリーズもののソフトなら、最新バージョンが発売される前に売ってしまいます。
新しいものを手に入れてから古いのをゆっくり売ろう、と考えていると、あっという間に買い取り額がさがってしまいます。

そうはいっても、まだまだ遊び足りないソフトは手放せないので、そのためにはなるべく発売日近くに購入して、次のバージョンが発売されるまでに、悔いのないようしっかり遊び倒しましょう。

一方マイナーなソフトは、いつ売っても安いことに変わりがないので、慌ててゲームを売る必要もありません。

だいたい、どの店舗でもまとめ売りをすると、買い取り金額に何パーセントかを上乗せしてくるキャンペーンがあります。
慌てて手放す必要のないマイナーなソフトは手元に残しておき、数点売るソフトがたまったときに、キャンペーンで一緒に売るとお得です。

ゲーム機本体も、次のものを使うようになると、古いものはほとんど使うことがなくなります。
ソフトに比べて「まだ使うかも」と思い入れがあると手放しがたくなってしまいます。

新しいソフトも発売されなくなったり修理も終了したりしてしまえば、ただの思い出箱でしかありません。
必要とする人がいるうちに、たとえ安くても手放してしまう方が良いと思います。

ゲームを売る値段はどこが高い

購入したゲームを遊び終わったので、いつも通りに宅配買取で売ろうと思いました。
すると発売してから1週間も経っていないことに加えて、どちらかと言うとマイナーなタイトルだったので、どこを見ても買取価格の記載がありませんでした。

発売してから間もないゲームだったので、それなりの値段で売れると予想はしていましたが、金額が分からないところに売るのは、流石に抵抗がありました。

そこで何とか金額が分かる買取店を比較サイトで探してみたところ、カイトリワールドという知らない買取店が5000円で買い取っていることを知りました。
初めての買取店だったので不安もあったのですが、調べてみると良さそうな買取店だったので、試しにそこで売ってみることに決めました。

カイトリワールドを利用して良かったと感じる点はたくさんあって、例えば送料や振込手数料が無料な点は利用しやすくて良かったです。

また買取価格が高くて調べた通り5000円で売れたことに加えて査定や入金のスピードも早くて、発送した翌日には査定結果が出て次の日には振込まれました。
自分で発送するだけでなく申し込み時に自宅集荷を希望すれば家に取りに来てもらうことも可能なので、そういった点も非常に便利で利用しやすかったです。

買取店を利用すると査定が遅かったりと何かしら不満を感じることが多いのですが、カイトリワールドに関しては不満に感じる点がありませんでした。
今でもゲームを売るなら、カイトリワールドを利用することが多いです。

ゲームを売るなら駿河屋

駿河屋のインターネットから申し込む「かんたん買取」をつかって、メガドライブのソフト「シャイニング・フォースII」(説明書なし)、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ(1.2.3)」「ランドストーカー」のソフトを買い取ってもらいました。

このかんたん買取は、システムの関係で30品目を集めて売るスタイルで、他にもゲームソフトではない雑誌の付録などを付属させて買い取ってもらいましたが、合計で3800円程度の買い取りとなりました。

内訳がわからないのが欠点ではありましたが、ブックオフなどではメガドライブのソフトは販売価格が100円で収まっていることから考えて10円での引取が手一杯だと考えられ、それなりに高価査定だったのではと思います。

実店舗で査定してもらうわけではないため、査定が10日程度かかることが、駿河屋で売る欠点ではありますが、反面、引き取り不可能ということがないのもありがたい点です。
駿河屋には安心買取という査定価格を大まかに事前に知ることのできるサービスも有り、そちらである程度目安を想定できる点は良いところです。

多少の手間がかかることは確かですが、年代もののゲームを売るなら、ブックオフよりは駿河屋で売ったほうが、高額査定は期待できるでしょう。
ぜひ参考にしてください。