エステサロンに通い借金をしてしまいました。

私は26歳女性ですが、3年前にお金を使い込んで借金をしてしまった経験があります。
高校卒業後1度就職しましたが、1年足らずで退職をしてしまいそこからアルバイト生活で自分自身の家計をやりくりしていました。
お金も貯めて、最初は順調で思うように貯金が増えていき1人暮らしの資金にまわそうと思い50万円になった時に実家からでて自立をしました。
家賃も4万もしない安い物件でバイト代も12万円くらいで贅沢をしなければなんとか生活はできました。
ですが全然貯金ができない生活になってしまいました。
自立ができた達成感があったのですぐに実家に帰るだなんて甘いことはできないと思い歯を食いしばりました。
ある時友人とエステサロンの体験に行きましたが、しつこく勧誘をされて入学金免除で20回分のコース付きでお得な30万円でそこのエステサロンに通えるという事で、クレジットカードで分割で入会を申し込んでしまいました。
毎月4万円近い引き落としで、家賃を払い後は食べて行くので必死でクレジットカードで足りない分を補いましたが、月々の請求額は増えていきました。
困りに困って消費者金融に頼ろうかと思いましたが、親に相談してとりあえず30万円近く借りてそれをエステサロンの費用に当てて、生活をまわしていきました。
そして掛け持ちのバイトをして毎月数万ずつ貯めて1年以上かけて親に30万円を一括で返しました。
エステサロンの分割支払いは本当無謀な事をしてしまったと反省しました。
1人暮らしをして楽しいですがフリーターの収入だと貯金も思うようにできないしなかなか大変です。

 

 

赤切符を切られた私は罰金の支払いの為に消費者金融を利用しました

2年前の夏、私の自宅に警察から赤切符が届きました。
思い当たる点は無かったのですが、中身を確認したところ、近所の道路でオービスを光らせたらしく、とりあえず出頭命令が下された日に警察を訪れる事にしました。
当日、警察署で違反時の写真に移る人物が自分で間違いないかを確認され、その語、略式裁判に就いての説明を受けたのですが、罰金金額が7万円になると言われた私は、貯金もなくないため、とてもじゃないが払えないと行ったのですが、それならば刑務作業をして支払えと言われてしまいました。
刑務所で作業なんて冗談じゃないと思った私は、仕方がなく、消費者金融でお金を借りる事にしました。
背に腹は代えられませんから。
正社員でそれなりに信用もあったためか、その日のうちにお金を借りることができ、裁判当日無事に罰金の支払いをすることができました。
しかし、後に返済で地獄を見ることにしました。
借金をするわけですからもちろん利息がのります。
この利息が中々に手痛いたく、毎月の支払いの度に利息分損をしているんだよなと実感が湧き、完済するまで結構苦しめられました。
もともと罰金の為にお金を借りたわけですが、交通違反をしなければ払わなくてもいいお金です。
考えだすと苦しい思いになり、苦しめられました。
借金の理由は様々で借入する金額も人により違います。
なんのためにお金を借りるのかによっても返済の際の苦痛は違ってくると思います。
後々、後悔することに繋がるからです。
今、お金を借りようとしている人に私からできるアドバイスは、何のためにお金を借りるのかを良く考え、後々後悔しない様に気をつけましょうとアドバイスをさせていただきます。

 

 

ギャンブルで借金を作ってしまいました

よく借金で生活が苦しくなるといったことを耳にしますが、それは私にしてみればそうなるのは自分の責任じゃないかと考えていました。
自己責任、これに尽きると少し冷たいかもしれないけど、そう考えていました。
私はこれまで借金など絶対にしない自身もあり、また借金をするくらいなら何も食べずに暮らしたらいいなどと嘲笑じみたところもありました。
そんな私が借金をしたのはよくあるギャンブルで、いわゆるパチンコ依存症というものでした。
始めた切っ掛けはそれほど仲良くない知人に付き合ったことで、パチンコをすることになりました。
ちょっとくらいならいいか、その安易な考えで、思わぬ収穫を得たんです。
つまりビギナーズラックと呼ばれる現象でした。
今まで硬く生きてきた私にとってそれは快感の何者でもありませんでした。
それからはその知人に付き合いパチンコや競馬をしましたが、いつしか一人で行くようになりました。
あのときの快感はほとんどなく、気がつけば貯金も使い果たし、そして消費者金融でお金を借りる始末です。
今はパチンコ依存症も家族や恋人に助けられ立ち直れましたが、借金がざっと200万円あります。
いくつも作ったクレジットカードも一つにまとめて少しずつですが、返済もしています。
まさか自分が借金をしてそうなるとは思わず軽薄な発言をしてきたことに反省をしながら、同じことを繰り返さないよう頑張っています。

 

 

返済しても減る気配がない借金

現在返済している借金はカードローンです。
カードローンの申し込みを行った時、生活はかなり大変な状況でした。
新居探しと引越し、車の修理費用など、一度に約30万円のお金が必要な状況だったので、カードローンでお金を借りました。
50万円の枠だったので、30万円を借りても20万円分の枠は残っています。
20万円は借りることができるという考えになってしまい、お金が足りない時はつい借りてしまうことが多くなっていました。
カードローンの返済は毎月定額です。
そのため、借りるスピードに返済が追い付かず、枠はほとんどなくなってしまいました。
そこで、思い切って枠を100万円まで広げたわけですが、現在は100万円の枠も残りわずかとなっています。
最近、ようやく不味い状況に気付きました。
借りていましたが、毎月定額では返済していたので安心していました。
ところが、カードローンは金利が高い特徴があるので、利息分の返済が大きいため、元金の減るスピードは遅いです。
このまま定額で返済し続けたとしても、完済までは時間が掛かりそうです。
ですから、繰り上げ返済したいところではありますが、繰り上げ返済できるほどの収入はありません。
そこで、体力の負担は大きいですが、ダブルワークを検討しています。

 

 

借金返済生活はかなりきつい。

借金返済生活は、かなりきついものがあります。
毎月決まった収入があると思います、しかし素手の収入の中から支払いは決まっているので実際に自分の手元に残る金額は減っておりその中から生活をしていかなければならないのです。
もちろん出来るだけ生活費を抑えて支払いに回したいので電気、ガス、水道、食費など押さえて回せるようにすることだ大事であり余裕のない生活です。
外食はもちろん、好きなものさえ買うことは難しく我慢するしかありませんので切り詰めることしていかないと支払いが滞ってしまいます、延滞の利子率は上がってしまうとさらに困難になってしまうので知ら肺は守らなくてはなりません。
人から借りて返済することもできますがやはりお金は人から借りると疎遠になってしまうこともあり背に腹を代えることができない場合はそうするしかないですね。
削れるものを削って支払うようにしていけば何とか少しずつ減ってきますので絶え間なく努力をしていくことが大事ですがやはり精神的にも肉体的にも疲れてしまいますのでせめて週に一度くらいは解放されるように気分を一新するようにするとよかったです、もちろんお金を使わない娯楽があればの話ですが生活苦はなかなか抜け出すことはできませんのでつらいものですね。

 

 

関連サイトの紹介

 

お金を借りる

 

lこちらは、管理人が運営する姉妹サイトです。
お金を借りるための知識、審査や申込時のコツ、おすすめのキャッシング・カードローン等について紹介しています。
今すぐ現金が必要という時には参考になると思います。
興味のある方は、ぜひ訪問してみてください。